脳出血で倒れ、搬送された。
病院で「失語症」と診断、入院。
自分の名前も言えず、
平仮名も読めなくなった。
そのあとは、リハビリ生活、
そして、光をとらえる事だけだった。

心は言葉か?
心は絵か?
心は脳CTか?
心は写真か?

*失語症
脳卒中や事故などにより脳の言語をつかさどる部分が障害をうけたことで起こる。「聴く、話す、読む、書く」のすべてが難しくなる。

新着フォトギャラリー

  • フォトアルバム

続きを読む
  • フォトアルバム

続きを読む
  • フォトアルバム

続きを読む

フォトギャラリー 記事一覧

お知らせ

2020年3月2日

  • お知らせ

ギャラリー「ソラリス」での販売が始まりました

大阪・心斎橋のギャラリー「ソラリス」で、写真集『失語症』を販売していただけることになりました。写真ギャラリー・…

2019年7月13日

  • 取り扱い店

コミュニケーションギャラリー「ふげん社」での販売が始まりました

中央区築地にある「ふげん社」で、写真集『失語症』を販売してくださることになりました。ギャラリーとブックカフェの…

2019年5月15日

  • メディア紹介

中日新聞で紹介していただきました

中日新聞(5月15日朝刊)の東濃版で、写真集を紹介してくださいました。 「言葉の病から得た光〜リハビリ中撮影 …

お知らせ 記事一覧